音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

おしゃれになりたい2

作戦

朝、れんたろうの鼻がぐずぐず言うてるので綿棒でほじくってみました。

鼻の穴には鼻水のかたまりが。

いやがるれんたろうをおさえつけ、慎重にかたまりを追います。

しばらくすると綿棒の先に鼻水がひっつき、穴から顔を出しました。

それをティッシュでつまんで引き抜くと…

 

ぎゃっ!!

わたしは思わず声を上げました。

 

れんたろうの鼻の穴から、小指ほどの太さ&長さの鼻水のかたまりが出てきたのです。

一瞬なめくじかと思いました。

 

「すごい!!超すっきりしたね!!」

朝から興奮するわたし。

れんたろうもぐずぐずが消えてとても嬉しそう。

 

すっきり

 

 

 

 

 

 

あまりに見事だったのでその鼻水の写真を撮ろうかと思いましたが、

しばらく悩んでやめました。

 

いやでもほんまびっくりしたわ。まじで。

 

 

 

さて今日はお昼に友人がうちに来るということだったのですが、

上の写真を見ると明らかなように、例によってれんたろうの髪型がひどい。

もうパイナップルみたいになっとる。

 

ワンパターンですが前と同じく「そのやんちゃな髪を帽子で押さえつけよう」作戦開始しました。

 

作戦

 

 

 

 

 

 

一応これくまさんの耳のついた帽子なんですが、

おもしろいくらい似合ってないですね。

 

 

 

むずむず

 

 

 

 

 

 

いやがるれんたろう。

これ、我慢しなさい。

 

 

 

 

そして押さえつけること10分。

もうそろそろよかろうと帽子をとってみると…

 

 

失敗

 

 

 

 

 

 

全然変わってない。

 

 

ていうかちょっとひどくなってない?

何で?

 

 

 

気を取り直してもう一度チャレンジ。

 

再チャレンジ

 

 

 

 

 

 

頭が大きいのでかぶせるのも一苦労。

ぱっつんぱっつんだね。

 

 

むずむず2

 

 

 

 

 

 

泣き出してしまいました。

しかしれんたろう、その変な髪型をどうにかせねばならぬのだ。

今はこらえるのだ。

 

 

 

 

さらにかぶせること10分。

果たして結果は…

 

 

やはり失敗

 

 

 

 

 

 

 

変わってない。

 

何で?

ねえ何でよ?

 

 

 

そうこうしてる間に友人が到着し、

パイナップルなれんたろうとお出迎えしました。

 

友人はそんなれんたろうを「かわいい」と言ってくれました。

 

ありがとう、また来てね。

 

 

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載