音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

雨と米俵

憂鬱

朝から何か頭が痛いなーと思ってたら、昼食後にやっぱり雨が。

きのうCCレモンをがぶ飲みしてからお腹の調子も悪いし、

今日はコンディションがいまいちです。

しかし、

しかし行かなくてはなあ、予防接種…

重い腰を上げ、適当極まりない服を着て、長靴を履いて出発です。

 

今日はDPT、三種混合。ジフテリアに百日ぜきに、あと1種何だったかな。

しかし調べる余裕もない。携帯の充電もあと少ししかない。頭とお腹が痛い。

 

スリングの中のれんたろうもどこか元気のない様子。

 

憂鬱

 

 

 

 

 

 

「雨は憂鬱やなあ」

ほんまですねえ。

 

 

6キロ半のれんたろうを肩からぶらさげるのは重労働。

ベビーカーにすればよかったのですが、

頭がずくずくしており、

雨よけのあのビニルみたいなんを探すのが面倒でスリングで来てしまいました。

外に出て10歩くらい歩いたところで後悔。

肩が圧迫されて頭にさらに強い痛みが…。

しかし引き返すのも面倒なので、

気を紛らわそうとクッキーとビスケットの違いについて考え、

クッキーはさくさくするけどビスケットはざくざくするなあ

それはなぜなのだろうなあ

などと考えながら歩いているうちに小児科に到着しました。

受付の看護婦さんに話しかけます。

 

「あの、今日DTP予約していたのですが」

「えーとDPTですかね?」

「あ、そうだと思います」

「ちょっとお待ちくださいね」

 

頭痛のせいでDTPなのかDPTなのか朦朧としてきました。

もうどっちでもいい。

ただ待合室で座ってれんたろうをおろしたい一心です。

DPTをDTPと言って何が悪い、恥ずかしくなんかあるものか

と心の中でよく知らないおじさんが励ましてくれています。

 

「あら?今日予約されてます?」

「してます。一週間前ヒブを受けたとき、看護婦さんに5日にDTP受けてくださいって言われて、そのときに」

「DPTですね」

「はい、DPTですね」

 

だめだ、DとかTとか覚えられない。

再び心の中のおじさんが元気づけてくれようとした刹那、

看護婦さんはにこやかに言いました。

 

「あら、れんたろうくんは一週間後ですね。DPT」

 

えっ

 

「ほら、予約、4月12日になってる」

 

 

 

 

 

 

米俵のようなれんたろうをぶら下げて、

とぼとぼと帰路についたわたしなのでした。

 

やったー

 

↑注射を免れたれんたろうの喜びの舞。

 

 

うちに帰ったら雨があがったので、

なんとか頭痛が消えました。

そこでようやく、

DTPってデスクトップパブリッシングじゃんとひとり突っ込みを入れることができ、

DPTのあともう一種は破傷風だということを思い出しました。

 

注射メドレーはまた来週!

予防接種は親も体力がいるなあ…

 

 

おしまい。

2017年11月のアーカイブ

これまでの連載