音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

絵本

絵本

夫方の母が

「とんかつをあげたから取りにおいで」と言ってくれたので

れんたろうと京阪電車に乗って遊びに行きました。

 

おうちに着いたとたん泣き出すれんたろう。

たまに義母に預けて出かけることがあるので、

置いていかれると思ったんでしょうね。

顔くちゃーってして泣いていました。

 

とんかつのみならず、

干菓子とかゆべしとかワッフルとか餃子とか

いろいろいただいてしまった。

いつもありがたいです。

 

義母は本が好きで、

れんたろうによく絵本を贈ってくれます。

今日もまた2冊いただきました。

 

絵本

 

 

 

 

 

 

左はちょんちょんと絵を指さして遊ぶ絵本。

「ちょんちょん」と言って指さすと、

れんたろうはさされたところではなく

ちょんちょん言うてる私を見て笑っていました。

こっちは見なくていいのよ。

 

右は脳を育てるという、ぐるぐるネジ棒つきの本。

子育てに詳しいおじいちゃんおばあちゃん夫妻監修のもと作られたそうです。

ネジをまわして遊ぶということなんですが、

できるんだろうか、そんな高度なこと…

 

疑問に思いながらも渡してみるとやっぱりできなくて、

転がして追っかけて遊んでいました。

ご夫妻の狙いとはずれてそうだが、かなり楽しそう。

 

義母はこういう仕掛け絵本をたくさん買ってくれるので、

いつもありがたいです。

ボタンを押すと童謡が流れたり、

「にゃー」とか「わん」とか言う本とか。

 

お昼をごちそうになり、

手作りの抹茶プリンとコーヒーをいただきながら、

いっぱいいろんなことを喋って楽しかったです。

 

 

れ

 

遊びつかれてうちで熟睡のれんたろう。

 

 

 

■今日のお弁当

 

写真撮ってないや。あは。

きのうとほぼおんなじ。

 

2017年7月のアーカイブ

これまでの連載