音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

子育て教室

アイス

区役所でいただいたパンフレットを見て、

近所の保育所でやっている0歳児向けの子育て教室に通うことにした。

来月が保育所の入所申し込みだから、

見学がてら子育てを教えてもらおう。

電話をしたらとても優しい受け答え。

以前住んでいたところの近くの保育所は

ものすごく冷たい対応だったのでほっとする。

 

保育所って初めて入る。

保父さんに「よちよち教室に来たんですが…」と聞くと、

すかさず子供たちに取り囲まれた。

とても丁寧に教室への道を教わる。

施設は新しいとはいえないけど、

先生たちの雰囲気が和やかで優しくていい感じかもと思う。

 

全部で14組の親子が来ていた。

円になって自己紹介をして、

わらべうたや、

ガーゼハンカチやお手玉を使った手遊びを教わった。

それから

「最近子育てで困っていること」と

「生まれたときに感じたこと」を紙に書いて貼っていくということをした。

 

れんたろうは年の近い子がいっぱいいるもんだから喜んで、

はいはいしてぎゃっぎゃと笑いながら、

赤ちゃんたちに近寄り触ろうとしていた。

そのあとはレジスターのおもちゃに夢中になって、

延々と「ちーんじゃらじゃら」と鳴らしていた。

 

参加していた中のとあるママさんから話しかけられる。

「あの、きのうもしかしてパン屋さんにいませんでしたか?」

Raukで会った方だ。

夫が「れんたろう」と呼んでいたのが聴こえていたらしく、

「いい名前だねーって旦那と言ってたんですよ、だから自己紹介を聞いてもしかしてって思って」

と言われた。

パン屋での狂態を思い出して非常に恥ずかしかった。

 

 

しかし、ママ友って簡単にできないなー。

うまく話せない。距離のとりかたがわからん。

通い続けるうちに慣れるかな?

れんたろうのほうがよっぽど上手だ。

相手の機嫌なんかうかがわずに笑顔で突進しちゃうもの。

やっぱり笑顔って最強だなあ。

話題づくりができなくても笑顔でいれば何とかなる気がする。

きっと向こうも緊張しているだろうし。

 

 

アイス

 

 

 

 

 

 

れんたろう、はしゃぎすぎて疲れたらしく帰ってから爆睡していた。

その間に私はハーゲンダッツの新味をおやつに。うひひひ。

ココア&アーモンド。めっちゃおいしー!

 

 

■今日のお弁当

お弁当

 

・ねぎたまごやき

・にんじんとツナのサラダ

・ほうれんそうごまあえ

・豚肉しょうがやき

・ピーマンおかかあえ

 

引っ越してから台所に慣れずわたわたしていたのだけど、

やっと写真を撮れるくらいの余裕が出てきた。

 

 

 

 

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載