音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

焼き菓子日曜日

蜀咏悄 1

東京から来た雅子はうちに泊まっていった。

居間でふとんを敷いて寝ている雅子を起こさぬようにと、

しずしずとれんたろうと忍び込み、サンデーモーニングを観る。

まあしかし、れんたろうは朝からハイな野郎なため、雅子、起きる。

お土産に持ってきてくれたダックワーズや、

チタチタ喫茶の手作りケーキがおいしくて、

朝から焼き菓子をぱくぱく食べた。

郁ちゃんの結婚パーティの引き菓子はさらさ御供焼菓子工房のクッキーだったので、

我慢できずそれもごそごそと封を開けて食べた。

 

雅子に昨日の二次会の様子を聞く。

新婦が酩酊してアクセル全開だったらしい。

facebookで新郎が、花嫁の二日酔いっぷりを吐露していた。

最近おとなしくなっていた郁ちゃんの酔っ払いっぷりを私も見たかった。

札で人の顔を叩いたとか、おもしろいことを言うまで離さないとか、

彼女の武勇伝は数多い。

 

一日中雨。

私もれんたろうも鼻水が止まらない。

雅子から、ほしよりこの「山とそば」、お弁当用おかず仕切りをもらう。

引っ越し祝いとのこと。

東京にもアンジェ(三条にあるおしゃれ雑貨屋)があって、

嬉しくなってそこで買ったらしい。

ホームシックかな。

 

「山とそば」は、ほしよりこの旅行記らしい。

「育児で忙しいどもらんに旅行気分を味わってほしくて」

と言っていた。お心遣いが嬉しい。

 

傘をさし、バス乗り場まで家族総出で見送り。

また来てね。

 

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載