音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

It’s interesting.

蜀咏悄 1

水曜日の夜に、学生時代お世話になった方に電話した。

その方は東京の病院にいて、危篤状態だった。

その場にいた先輩に取り次いでもらって話す。

 

れんたろうという10ヶ月の息子がいるということ、

また会いたいということ、

そのふたつしか話せなかった。がんばってくださいなんて言えなかった。

その方はすでに話すことのできる状態でなく、

受話器からは呼吸器の音が聴こえた。

 

 

告別式は午後からとのことだったけど、

れんたろうを故人に会わせたかったので、

私達は式が始まる前、午前中に行くことにした。

れんたろうにも黒っぽい服を着せて、タクシーで行った。

 

式場には学生時代のアルバイト仲間が何人かすでにいて、

「子供、お前にめっちゃ似てんなー」

と驚かれた。

 

お顔を見ることができたので、

れんたろうを抱っこして挨拶する。

「れんたろうでーす」

と言ってみても、目を閉じて眠っている。顔が白い。

亡くなったのか、とじわじわ実感がわいてきて、涙が出た。

 

形見として、単語カードを1枚もらった。

闘病中、ずっと英語を勉強して、旅に出るんだと言っていたらしい。

私がいただいたのは

「It’s interesting」。

 

 

 

 

2017年10月のアーカイブ

これまでの連載