音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

すごいなー

蜀咏悄 3

なんかもうなーすごいよなー。と思うことがある。今日も思った。0歳児教室で出会ったあいこさん宅へ行ったからである。あいこさん宅はとてもおしゃれで入ったとたんに「ふおお!」と叫んでしまうくらいだった。皿ひとつ、ゴミ箱ひとつとってもおしゃれだ。「すきがねえ」思わずつぶやいた。赤ちゃんがいるのにどうしてこんなに美しくしゃれた空間を保てるのか?私にはインテリアセンスというのが皆無なので、部屋がおしゃれな人を無条件に尊敬してしまう。どうしたらあんなふうになれるのかさっぱりわからない。センスがない私はどうしたらいいのか。勉強?勉強がたりないのか?

あいこさん手作りの料理をいただく。さばの味噌煮や、切干大根の和え物や、蒸し野菜など。とてもおいしい。私はいちごと桜餅を持っていった。デザートにそれらを食べる。

 

 

もうひとりわかこさんというママもいらしてたのだけど、希少なママ友であるので存分に喋る。

それぞれの息子たち(みんな男の子)はそれぞれの気の赴くままに遊んでいた。れんたろうが「きゃー!」と叫ぶと、わかこさんの息子くんが「きゃー!」と叫び返し、あいこさんの息子くんがにやりと笑う。

 

 

 

 

 

 

 

檻の中の男児たち。

男の子どうしって女の子どうしみたいじゃ全然ない。それぞれ気ままに遊んで、気づいたら一緒にいるみたいな。見てるほうも楽でいい。

 

 

2017年10月のアーカイブ

これまでの連載