音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

うたこさん

蜀咏悄 2

このブログをきっかけに知り合ったうたこさん。旦那様とは何度か話したことがあったけど、うたこさんとは最初はfacebook上でしかやり取りをしていなかった。でも夏くらいからちょくちょく家族ぐるみで遊んでもらっていて、このブログにも頻繁にその名前が出ている。

 

今日は初めてうたこさんのお宅に遊びに行った。

 

朝、出勤前の宮さんがわざわざ車で迎えに来てくださり(ありがとうございます!)、おうちではうたこさんと二人のお子さんが出迎えてくれた。

立派なマンションだーと思った。家の中もすごくきれいで、超片付いていて、「うちすごく物が多いんですよ!」といううたこさんの言葉を鵜呑みにしていた私は内心ショックを受けていた。

お子さんのいるおうちにおじゃますることが多くなったが、どこのおうちもきれいに片付いている…と思うのは私だけなんだろうか。何でみんな、こんなに物がすっきり収まっているんだろう。見習いたい。

 

3歳のかずまくんはとても人懐こくて、膝の上に座ったり、いろんなおもちゃを見せてくれたりといろいろ構ってくれる。1歳のあかりちゃんは最初ちょっと人見知りしてたけど、だんだんなれてきたのかやはり膝の上に座ったり手を握ってくれたりして、女の子だからかちょっとどきどきしてしまった(私が)。ふたりともとてもかわいい。素直だし優しい子だと思う。新参者のれんたろうに対しても(もう何度か会ったことがあるにしても)おもちゃを貸してくれたりいい子いい子してくれたりと優しくしてくれる。

れんたろうはいろんなおもちゃに興奮気味で、特にトミカのぐるぐるまわるらせん状の道路には参ってしまったよう。とりついたように黙々と遊んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

あとれんたろうが初めて3歩以上歩いてびっくりした。

うたこさんの誘導が良かったんだろうと思う。さすが二児のママ。

 

 

うたこさんがお昼に作ってくれたハンバーグ。豆腐が入っていてすごくおいしい。お貸ししていた「きのう何食べた?」のレシピで作ったとのこと。あのレシピは鉄板ですよね。

普段外ではきょろきょろしてほとんど食べないれんたろうだけど、ハンバーグはぺろりと食べておかわりまでしていた。ごちそうさまでした!

 

 

子連れで外食すると本当にゆっくりできないから家飲み(お茶ですが)が多くなってきているけど、それはそれでとても楽しい。普段使わない頭を使うんだものなー。迎えるほうも、うかがうほうも。お土産何にしよう?とか、お茶請け何だそう?とか、前よりずっと考えるようになった。だから近所においしいケーキ屋さんや和菓子屋さんがないか、リサーチするようになった。

たまに私も手料理を出すことがあるけど、外食するよりずっと頭を使うし気もつかうし労力もかかる。だからこうしてもてなされることがとっても嬉しい。

 

 

 

2017年4月のアーカイブ

これまでの連載