音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

自転車デビュー

蜀咏悄 1

おさがりでいただいた自転車の子供用シートを自分たちで設置できる気がしないので、もう1台自転車を買わなあかんしついでにつけてもらおう作戦を実施した。

出町柳の「かりおん」は、レンタサイクルでも有名だけど、中古の自転車も売ってらっしゃる。いつも軽快な音楽が流れている南国チックなかりおん。何となく、かりおんさんなら優しく私たちを受け入れてくれそう…と思い、こちらで購入することに。黒い自転車、中古で6000円なり。でもこの自転車の形ではシートを取り付けられないとのこと、「大サービスですよ!?自転車買ってくれたから…これでうちのスタッフの数人が数日間食えるから…ですよ!?」と念を押されつつ、持ってきたうちの自転車にシートをつけてもらう。やはりかりおんさんはいい人だった。私たちの目に狂いはなかった。

しかも付属品が足りなかったらしいところを、タイヤのチューブでどうにかこうにかしてくださった。自転車屋さんにしかできない芸当である。感謝!

 

れんたろうに赤いヘルメット(これもおさがり)を装着。頭がでかいのでじゃっかん浮いているが気にしない。初めての操縦はかなり緊張したけど、れんたろうは嬉しそうに「ひゃーい」「ひゃーい」とずって言っていた。

 

いろんな人に支えられて今、こうして運転できてる!そう実感した日曜日だった。

 

 

 

お義母さんから手作りのズボンが届いた。かわいい。

 

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載