音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

ホワイトデイに歩き出す

蜀咏悄 2

保育所の入所説明会。ホールには二十組くらいの親子ペアがいて、無論騒々しかった。3,4歳の子たちがびゅんびゅん走り回って3ヶ月の赤ちゃんを踏みそうになったり、よちよち歩きの子が転んで泣いたり、2歳児が慣れない環境におののいて泣き喚いたりとカオス。

いつも園庭開放で会う子が同じクラスになるみたいで、よろしくお願いしますと言い合う。友達できるかな、れんたろう。

 

急によちよちとれんたろうが歩き始めた。うすら笑いを浮かべつつ歩くのは、たぶん楽しいからなのだろう。手を握ってやると、疲れるまで歩く。私もとても嬉しい。よちよち歩きも今だけだ。しかと目に焼き付けておこう。すぐに走り回るようになるだろう。

 

夫にホワイトデイのお返しとしてキルフェボンのタルトと、アスティをもらった。とてもおいしかった。

 

2017年7月のアーカイブ

これまでの連載