音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

マネキ

蜀咏悄 1

タイトルがいつの間にか

「ほぼ週刊」になっているのにお気づきでしょうか。

ちょっとペースダウンして、子育て日記を書いていこうと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

あと、音読のブログで新連載が始まりました。

8号からスタッフとして書いてくれてる椎名あかねの「一日一曲」。

毎日何かしらの曲について書いているので、良かったら見に行ってみてください。

毎日youtubeのリンクを貼っつけているので、

今まで名前は知ってたけど聴いたことなかったなーという曲、

再生するいい機会になると思います。

http://www.otoyomi.com/ikkyoku/

 

○○○

さて、近況。

 

れんたろうはつい最近1歳半を迎えた。ということに今気づいてびっくりしている。

 

最近は成長の速度がますますヒートアップ。

「まね期」と呼んでみたくなるほど、とにかくまねされている状態です。

 

たとえば「かぱーい」(乾杯)。

彼は「かぱーい」と言ってカップをかかげ、そして乾杯するまで決して飲まない。

「かぱーい」「かぱーい」と言い続け、カップをずいずい近づけてくる。

びしゃびしゃこぼれるのもなんのその。

なので何をしていても走り寄って乾杯をしなくてはいけない。

そうするとやっとごくごく飲み、最後に「ぷはー」と言ってげらげら笑う。

完全に両親の家飲みを模倣している。おそろしい。

 

また、きのうなんかは

「ちわー!」(こんにちは!)とか

「あーとう」(ありがとう)と言いながらぺこぺこされてぎょっとした。

成長が嬉しい反面

私そんなぺこぺこしてるかな…と

うっすら悲しくなる。

 

「おはよー」とか「いたーます」(いただきます)とか「ちょーだい」とか、

突然はっきり言うんだからびっくりだ。

もっと徐々に言うものかと思っていた。不意打ちをくらいっぱなしな毎日。

 

こないだなんかテレビドラマの「あまちゃん」を観てたら

突然「じぇじぇっ」と言ったので、

私も「じぇじぇじぇっ」と言わざるをえなかった。

 

それなのに、何でか知らないけど「パパ」と「ママ」はまだ。

「パパ」「ママ」の前に「じぇじぇっ」って…

 

 

上の写真は1歳の誕生日に佐野家からいただいたリュックサック。

当時はぽかーんと見ているだけだったのに、

今では「あっち!あっち!」と言って指さし取ってくれとせがみ、

「うんー!うんー!むきー!」と言って

肩に提げてくれだの、後ろではなく前に提げろだの、チャックを開けて中に物を入れさせろだの、やたらと要求が多いし細かい。

 

子供ってすごい速さで脳みそにインプットされているんだろうなあ…

 

あと最近、

義妹からプーさんのよだれかけをTDLのおみやげにいただいたんだけど

「れんたろうに似てると思って買った」と、メールに書いてあった。

 

 

蜀咏悄 2

 

確かに、目のより具合とかおでこの広さとか、似てるね。

 

 

さて今日は夕方かられんたろうの保育園で夏祭り。

園からの頼まれごとをすべて引き受けていたら、

いつの間にか実行委員になり、

オープニングで鳴子踊りを踊ることになり、

閉会の挨拶をすることになった。

 

この年で鳴子踊りをマスターする機会にめぐり合うとは思いもしなかったので、

楽しい日々であります。

がんばってきます。

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載