音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

おしゃれになりたい

できあがり

昼すぎに大学のころの友人が大阪かられんたろうに会いにきてくれるということで、

ひそかに朝から考えていることがありました。

 

 

れんたろうは生まれた瞬間から髪の毛が多かったのですが、

最近はさらに伸びてふっさふさ。

しかも重力を無視して上へ生えているので、

何か日に日に格闘もののアニメのキャラっぽくなっています。

↓これとか

 

アニメ髪

 

個人的な趣味ですが、

わたしとしてはドラゴンボールっぽさよりも原宿系な文系男子っぽさを出してほしい。

率直に言えばおしゃれになってほしい。

久しぶりに会う友人に対する見栄もあり、

さっそくれんたろうの髪型を変えることにしました。

 

髪の毛を寝かせるだけでだいぶおしゃれになるだろうと判断したわたしは、

帽子をかぶらせて髪の毛をおさえるという作戦を採用。

れんたろうには悪いけど、ちょっと我慢してもらいます。

 

帽子作戦

 

 

 

 

 

 

とてもいやそうですが、

原宿系文系男子になるためには少しの辛抱です。

 

 

さて、かぶらせること30分。

果たしてできあがりは…

 

できあがり

 

 

 

 

 

 

こんな感じ。

うん、

まあ…いいか。

 

 

友人は生カステラや米菓子を携えてやってきてくれました。

さっそく抱っこしてもらうれんたろう。

赤ちゃんは抱き慣れていないということでしたが、

れんたろうはすっかりくつろいでいます。

 

抱っこ

 

 

 

 

 

 

すでに髪の毛が元に戻りつつある…

 

 

お祝いに「14ひきのあさごはん」という絵本とガーゼタオルをいただきました。

「すげえ懐かしい!」と言う夫。

四人のうちわたしだけその名作を知りませんでした。

さっそくあとで読んでみます。ありがとう!

 

ふたりを見送ったあとのれんたろう。

完全に髪の毛は元通り。

 

 

もとのもくあみ

 

 

 

 

 

 

オザケンになる日はまだまだ遠いようです。

 

 

また来てね!

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載