音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

肉が大好き

盛り合わせ

ゆうべは久々に外食!

しかも焼肉!

しかもお店はやきにく三芳!

祇園にある高級肉懐石の店、にくの匠 三芳の姉妹店に行ってきました!

 

この日は朝からハイテンション。

日本の幸福度指数がわたしひとりで1%押し上げられたのではないでしょうか?と誰かに訊きたくなるほどの焼肉ハイにおちいっていたわたし。

夜になるのを待ち構え、米俵のようなれんたろうも軽々とぶらさげ、やきにく三芳へと向かいました。

 

 

そこで出会った素敵な肉たちの一部を紹介します。

※空腹中の方は閲覧に注意してください。

 

和牛タンユッケ。

タンのユッケなんて初めて食べました。

噛めば噛むほどうまい。ずっと噛んでいたい。

 

タンユッケ

 

 

 

 

 

 

イチボ・ヒレ角切り・サーロインの盛り合わせ。

前歯で噛み切れます。素敵すぎる肉たちの競演。

 

盛り合わせ

 

牛肉しぐれ煮ごはん。

こんなにいい肉をしぐれさせて卵とかきまぜたらどうなるかわかりますか?

わたしにはわかりません。ただただおいしかったです。

 

しぐれ煮ごはん

 

 

高級店にも関わらず子連れOKということでれんたろうも連れていったのですが、

やっぱり最初は「大丈夫なんかな~」と少し不安でした。

でも店内は広々とした掘りごたつになっていて、

親切な店員さんがざぶとんと毛布を貸してくれたので快適な寝どころが出現。

 

れんたろう、肉を焼くかたわらですやすや。

 

すやすや

 

夢中でむさぼり食っているといつのまにか起きているれんたろう。

 

うまいか

 

 

 

 

 

 

肉をほおばるわたしをじっと見ていました。

 

 

祝・焼肉屋デビュー。

肉記念写真をパチリ。

 

記念

 

 

 

 

 

 

おいしい肉をたっぷり食べたので、身も心も元気になりました。

帰り道のわたしの姿は、幸福が服着て赤子抱いて歩いてるようだったと誰かが言ったとか言わなかったとか。

はあーおいしかったなあー!

 

やきにく三芳さんご馳走様でした!

ここに週1で通うくらいの財力が欲しいと真剣に考えた夜でした。

 

 

 

■やきにく三芳

やきにく三芳


京都市中京区御池通柳馬場上ル一筋目東入ル北側
TEL:075-211-2508
営業時間:11:30〜13:30、17:00〜23:00(22:00 L0)
定休日:月曜日
食べログ→ http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26019197/
Facebookページ→ https://www.facebook.com/YakinikuMiyoshi

 

 

 

2017年4月のアーカイブ

これまでの連載