音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

とげとげ

沐浴後

平均的に夫婦はどれくらいの頻度でけんかするのでしょう。

まわりを見ていると全然しないところもあるし、毎日するところもあるし、

本当に人それぞれだなあと思うのですが、うちの場合は結構します。

二日に一回は大きいやつをします。

 

特にけんかが増えたのは妊娠してから。

わたしのストレス発散のはけぐち(主にお酒・ひとりでの外出など)がなくなって、小さいことでいらいらするようになったことが原因なのではと踏んでいます。

たぶん夫にそれがうつってると思う。

 

今日も大げんかしました。

理由は本当にささいなことだったのですが、

大きな声を出して言い合いをしてしまいました。

 

いい年こいて悔しくて大泣きしていたのですが、だんだん空しくなってきて、

「もうどうでもいい、全部、人生すべてのことがどうでもいい」

と言った瞬間、それまで黙っていたれんたろうが、

「ぅんにゃああああ」

と泣き出してしまいました。

見ると真っ赤な顔をして涙を流していて、

それはそれは悲しそうだったので、わたしたちはけんかを一時中断しました。

 

かなしい

 

 

 

 

 

 

抱っこしたらすぐに泣き止んだれんたろう。

泣いたあとの指しゃぶりは落ち着くためにやってるらしいので、

それを見て本当にごめんと思いました。

どうでもいいとか思ってないよ。さっきのはうそです。

 

わたしの両親も昔けんかがめちゃくちゃ多くて、

そのたびに大泣きしていた記憶があります。

今はふたりがけんかしててもなんとも思わないのですが、

小さいころは両親だけが頼りなので、

ふたりが仲たがいするとどうしたらいいのかわからず怖かったです。

 

もしかしたられんたろうも怖いとか悲しいとか感じたのかもしれない。

自分はそういう思いをさせるまいと思っていたのだがなあ。

 

極力けんかはしないようにしたい。

そのためにはわたし自身毎日をストレスフリーで過ごさなくてはと思います。

人間関係というのは結局は自分の問題なのだと思う。

他人は自分の鏡と言いますしね。

 

その後わたしはふて寝をしていたのですが、

ますます気分がふさいでいくので起き上がってそうじと沐浴をしました。

 

肌荒れがひどくなってきたれんたろうにクリームを塗っていると、

少しずつ気分が和らいできた。

れんたろうも笑ってくれたのでよかったです。

 

沐浴後

 

 

 

 

 

 

 

ぎすぎすしているのは、断じて夫やれんたろうのせいではない。

全部自分のせいなのです。

明日から自分のとげは自分で抜けますように。

反省した日曜でした。

 

 

 

2017年9月のアーカイブ

これまでの連載