音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

sleepingなう

RIMG0841

このあいだ図書館で借りてきた中野京子の「怖い絵」を読んでいます。

おもしろいです。

 

 

 

 

 

 

ドガの踊り子の絵にあんな背景があっただなんて…ふるふる。

どの絵も解釈が変われば極端にドラマチックだな。

 

ていうか今この↑画像を拾おうと「怖い絵」で検索したら、

パソコンの画面上にそれはもう怖い絵がずらりと出てきてとっても後悔しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のれんたろう。

ベビーベッドで寝るのに飽きたのかお昼寝どきにぐずるので、

趣向を変えてわたしのふとんへ。

一緒に横になっていたら「あぶぶぶわー」と顔につばをぶっかけてきたり、

わたしの髪の毛をつかんでひっぱったりと狼藉を働きよったのですが、

体幹を左右にゆらゆらゆらしてたらすぐ寝ました。

ははは。赤子め。

 

ところで赤ちゃんって、腕をW字・脚をM字にして眠るのが基本形らしいんですけど、

 

ぐー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れんたろうはいつもこの姿勢で寝ます。

うつぶせ寝にすると動こうとして絶対寝ない。

うつぶせのほうが落ち着いて眠れるって子もいるのだけど。

 

じっと見ていると、

頭に届かないほど腕が短いんだなあとか、

いや頭が大きいのかなあとか、

脚も短いなあとか、

だんだん笑えてきます。

 

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載