音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

先輩

RIMG0851

入社以来すごく憧れている先輩がいて、

辛いときにはその人の顔を思い浮かべてやり過ごすほどの憧れっぷりなのですが、

今日はその先輩が関西に帰省するということで京都まで遊びに来ていただきました。

 

朝からちょっと緊張気味で、そわそわしながら「アグリーベティ」を観ていたわたし。

先輩も編集のお仕事なので何か参考になればと思っていたのですが、

残念ながらベティは何の参考にもなりませんでした。

とりあえずベティの扱いがひどすぎて泣ける。がんばれ!ベティ。

 

 

 

ていうかベティほんまはきれいなんやな。

 

 

さて、今日もれんたろうを連れてこうと思い、

ゆっくりできるようなお店を探していると、

京都市役所の近くにあるVery Berry Cafeが赤ちゃん連れでも気軽に行けるお店だという情報を入手。

なので今日はそこで待ち合わせることに。

 

水槽

 

 

 

 

 

 

アメリカンな店内。

席について振り返ったら水槽があってびっくり。

 

ここ、おむつ替えシートもあるし、

一階はソファ席、二階は座敷だから、子連れは助かります。おすすめ。

他にもたくさん赤ちゃん連れのお客さん来てらっしゃいました。

 

 

先輩と

 

あいかわらず先輩はかわいらしくて素敵。

緊張してるのに話したいことが尽きず、

いろいろしょうもないことを言ってしまって

「あーこれあとで絶対後悔する」とか思いながら喋ってたんですが、

ほんとに楽しかったです。

 

プレゼント

 

先輩からプレゼントをいただきました。

プチバトーの赤ちゃん服と、

アユーラの入浴剤。

うれしすぎて汗をかきました。

入浴剤つかうのがもったいないので、

これからはしばらくはふたをあけて香りをかぐだけにするつもりです。

 

気づいたら二時間あっちゅうまにたっていました。

本当にありがとうございました。

 

新刊

 

 ちなみにこちらは先輩の手がけた新作、

「料理のきほん練習帳」。

全工程が写真で説明されている、

だれでも料理がうまくなる!というレシピ本です。

 

料理にぴったりな具のサイズも、

100グラムというのがどれくらいかも

ひとつまみと少々の違いも、

全部写真で説明されているから本当にわかりやすい!

料理に対して何となく苦手感のあるわたしでも、これならちゃんと作れそう。

 

書店にもう並んでいるそうなので、ぜひお手にとってみてください。

 

 

2017年12月のアーカイブ

これまでの連載