音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

メリーさん

RIMG0904

父親からこんなおもちゃが届きました。

 

前うちに来たとき、

父はベビーベッドを見て突然「おもちゃがない」と言い出して、

「おもちゃあるじゃん」と鈴を見せたりぬいぐるみを見せて言っても、

「いや、おもちゃがない」と首を振っていたので、

何なんだと思っていたら、

このメリーが届いたのです。

父さんにとってのおもちゃってこれだったんだね。

 

スイッチをひねると、子守唄が流れて未確認生命物体がくるくると回りだします。

こりゃいいわいとさっそくれんたろうの側に置いてみたのですが、

れんたろう、すごい勢いで殴る蹴るの暴行。

がしゃがしゃがしゃと破壊音が部屋中に響き、かき消される子守唄。

回るおもちゃなのにもはや回らせてもらえない惨めな様相。

れんたろうは興奮してるのか怖いのか、

必死にパンチとキックの連打をしたのち、にゃああーっとやっぱり泣きました。

 

 

ひとりあそび

 

 あのおもちゃがあるからか、ベッドに寝かすと泣くので藺草カーペットの上へ。

毛布と格闘するれんたろう。

なんだか今日は暴力的だ。

 

ちなみにこの藺草のカーペット、

お手ごろなのがあったのでこれもベルメゾンで買ったんですけど、

ちょっとクッションが入っているのでざぶとんなしでも座ったり寝転んだりできて、

かなりいい感じ。

やっぱり日本人は畳だべ。カーペットだけど。

ダニとかほこりとか少なそう。何となく。

 

 

ひとりあそび

 

 まだやってる。

にゃああーーーっと大きな声をあげて楽しそうです。

 

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載