音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

遊びましょ

爆笑

体育座りをしてお腹の上にれんたろうをまたがらせるというのが流行っています。

わたしの中で。

 

その格好で腹筋にふんっと力を入れると、

振動によりれんたろうがとても喜ぶことが今日判明。

さらに

「ひょいっ、ひょいっ」

とおどけた掛け声のオプション付きだとめっちゃ笑う。

最近声をあげて笑うんですが、

「どぅへへへ、どぅへへへ」

れんたろうの笑い声、なんか変。

それがまた笑えて、

わたしの腹筋がぴくぴく動き、

れんたろうが振動を感じ、

どぅへへへどぅへへへへ、

とエンドレススパイラル。

 

月齢に合ったおもちゃが子供の豊かな成長につながる!といううたい文句の広告をよく見ますが、からだをつかえばどんなおもちゃによる効果もフォローできるんじゃないのかと思います。

 

というか、今はまだおもちゃでひとりで遊ぶことができない。

がらがらを持ってもぶんぶん振って投げてぼんやりしてるし、

絵本も反応うすい。

今はおもちゃよりも抱っことかばあとかして構われるのがいちばんおもしろいみたいです。

 

あと自分のからだをなめたりとか。

 

あしなめ

 

よく足をなめてる。

 

ほよよ

 

ほよよ~

アラレちゃん。

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載