音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

自然派

蜀咏悄 3

先日遊びに来てくださったうたこさんから

コープ自然派というのを教えてもらいました。

 

れんたろうを授かったのが去年の4月。

妊娠中から放射能汚染が心配で、

ずっと食材の産地をチェックしたり

魚はあまり食べないようにしたりしているのですが、

「ほんまのところどうなんやろ…」と思いながら食材選びするのは

それはそれですごくしんどいのです。

 

子供ができるまであまり添加物のこととかも気にしないほうだったんですが、

口にしたものがダイレクトにからだに反映される乳幼児をもつと、

やはり無関心ではいられません。

しかし、添加物についてもちょっと調べただけで食べる気の失せる食材ばかり。

「知らなきゃよかったよ」と何度思ったことか…

人間って傲慢。今まで無知ですみません。

 

効率のいいことはわかるし、安いから家計は助かるのだが、

だが!ちょっとひどすぎないか食品業界。

なんかもう、いやっ。怖い!

 

そこで教えてもらったコープ自然派ですが、

ここでは極力

農薬や添加物を使わないで育てたものばかり取り扱っているらしく、

さらに放射能汚染検査もちゃんとされていて、

検出値の基準もだいぶ低く設定されているのだとか。

 

何それー!めっちゃいいっすね!

 

ということで、さっそく説明に来てもらって入会しました。

入会金は生協なんで退会時に払い戻されるし、

1歳未満の子がいる家は、送料無料だそうです。入る入るー!

 

おばちゃんに無添加のウィンナーとハムをもらいました。

無添加ってだけで超おいしそうに見えるよー!自然派マジック!!

 

これからは悩まずに食材選びができるのだなあと思うと嬉しいです。

丁寧に育てられたものを食べるというのは

からだにも心にも良さそうだ。

 

 

元気に育ちなさい。

 

 

■今日のお弁当

 

お弁当

 

 

 

 

 

 

・ねぎたまごやき

・ピーマンじゃこ炒め

・ひじき豆

・たこのかまぼこ

・豚肉とかぼちゃいんげんの煮物

 

前夜に作ったので、

暗くなってしまった。

 

なぜいつもねぎたまごやきかというと、

ねぎの小口切りのあしが早いので

早く使い切りたいからなんです。

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載