音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

初発熱

あいすのん

土曜日なので夫にれんたろうを預けて私はのんびりマドラグでランチして、

はーおいしかったおもろかったとうちに帰ったら、

れんたろうが初めての熱を出しよりました。

 

38度くらいだったのが、

夕方になると「あちっ。この子」ってくらいになってて、

再びはかったらば39度!

小児科に電話したら急患で診てくれるというので

家族三人でタクシーに乗って向かいました。

 

乳児は半年を過ぎると母体からの免疫が切れ、

風邪などをひきやすくなるそうです。

まわりでも月齢の近い子は熱を出し始めていたので、

とうとううちにも来たか…という思い。

 

でもれんたろうはいたって元気。

おっぱいもよく飲むし、機嫌も悪くない。

ただ声がかすれていて、お医者さんいわく

「風邪か突発性発疹」とのこと。

座薬を入れてもらって帰りました。

おしりまるだしのれんたろうに、夫がウケていました。

 

薬が効いてきたのか夜には体温が下がり、

そのかわり信じられないくらいのハイテンションになって

「きゃっふー!」「きえー!」と叫んでは手足をばたばた、

立ちたがるので支えて立たせると

「きゃっふー!」「きえー!」と叫んでは両手をぶんぶん、

を繰り返すれんたろう。

薬の作用なのだろうか…と少し恐怖を覚える私達。

 

疲れたのか、そのあとぐっすり寝ていました。

 

あいすのん

 

 

 

 

 

 

アイスノンを小脇に抱えて。

 

 

 

うなぎ

 

実家からうなぎが届きました。

 

スタミナつけて滋養強壮おっぱいを出します。

 

 

 

 

 

 

2017年11月のアーカイブ

これまでの連載