音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

戦うれんたろう

蜀咏悄 1

引き続き高熱。

朝から38度、夕方には39度近くに。

 

行こうと思っていた友達の写真展行きは中止にして、

謝りのメール。残念ですが、しかたなす。

 

れんたろう、がんばれ~

と応援する一日。

 

何かの本で読んだのですが、

女性より男性のほうが、けがや病気にセンシティブなのだとか。

うちはまさにそうで、

私は「大丈夫、汗かきゃ治る」と思っているのですが、

夫はもうゆうべからずーっとそわそわそわそわ

れんたろうが心配でたまらない様子。

「れんたろう、暑くないか?(れんたろうへの問いかけ)」

「れんたろう、熱くないか?(自分への問いかけ)」

「なあ、れんたろう、あついで!(私への呼びかけ)」

 

もう暑いのか熱いのか。

 

薬に関しても、

私は普段から薬使わない派で、

れんたろうにも極力使いたくないのですが、

夫はれんたろうがせきなどすると

心が痛んでたまらないらしく、

「座薬…座薬入れな…」

とぶつぶつ言い出して、私に止められたりしていました。

 

よくおっぱい飲むし、

笑うし、

遊ぶし、

大丈夫!

 

がんばってウイルス倒せ~

 

 

2017年12月のアーカイブ

これまでの連載