音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

スペシャル感すごい

蜀咏悄 3

すごいスペシャル感です。

 

何の話かというと

ネイルです。

ネイルアートです。

 

よくこのブログにも登場する友人コナンは

毎日爪をきれいに塗っています。

なんなら花もついてます。

 

私はひそかにそれがうらやましく、

先日遊んだ際に

「いいな~」とこぼしたのでした。

「人生一度でいいからネイルアートってやってみたいな~」

「死ぬまでにやってみたいことのうちのひとつやわ~」

「いいな~」(しつこい)

 

結婚式のときに一度つけ爪をした以外に、

爪を飾ることにほとんど縁がなかった私。

常に深爪。常にすっぴん爪。

 

なぜかというと、爪がコンプレックスなんですね。

幼いころから「お前の爪はわしに似てまんまるで男みたいじゃ」

と父に言われ育ちました。

父はそれを嬉しがって言ってたんだと思いますが、

私はまんまと「男みたいな爪だから伸ばしたら変」と思い込んでしまったのです。

ちなみに女みたいな爪は細長い爪のことです。

コナンのはそれ。母のもそれ。

ネイルアートに縁がなかったのは父の責任といえるでしょう。

明日帰省するので文句を言おう。

 

そんな感じでぶちぶち言うてる私に、

コナン、

「じゃあ行けばいいやん。一緒に行こ、土曜日」

とあっさり。

 

行ってきたんですよ。

夫にれんたろうを預け、

人生初ネイルアート。

 

いろいろ悩んで、

ななめ赤フレンチ&ゴールドラメラインにしました。

 

ねいる

 

 

 

 

 

 

左がわたし。

この短いのにうまいこと塗ってくれてありがとう、おねえさん。

 

右がコナン。

コナンは涼しげに水色のグラデーションにラメをちらしていました。

 

 

いやーもう。

爪ぬるだけでテンションがぜんっぜんちがうって

ほんまだったんですね!

話には聞いてたけどほんまにちがうんですね!

 

アイフォンいじるのも

お金払うのも

おむつ替えるのも

いつもが3くらいだったとしたら

今は48くらい!50点満点で!

 

そんなこんなで

鼻歌まじりで帰ってきました。

これははまりそうです。

 

 

明日から二泊三日の旅行に出かけるので、

ブログがちょっと滞るかもしれません。

広島と博多に行ってきます。

れんたろうとはじめての旅行。

緊張もありますが、とても楽しみ。

 

それでは皆様すてきな日曜日を!

 

 

 

2017年7月のアーカイブ

これまでの連載