音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

会議鍋

蜀咏悄 1

昼すぎにとみーさんが遊び来てくれた。

おみやげにわらびもちをいただく。

堀川今出川あたりに、わらびもちで有名ななんとかというお店ができたらしい。

名前は忘れてしまったのだけど、もちもちやわらかで、おいしかった。

しょうが味と抹茶味。甘さひかえめ。

 

夕方から音読の会議もあり、

そのあとみんなでごはんを一緒に食べようということになって、

近くのスーパーにふたり+れんたろうで買出しに行く。

トマト鍋と豆乳鍋と塩こうじ鍋でさんざん悩み、

私の一存でトマト鍋に決定。

それから会議にはお菓子がいるだろうと思い、アルフォートを購入。

 

夕方、音読のいくちゃん夫妻と、

ボランティアスタッフ募集に応募してくれた女子大生・Tさんが到着。

れんたろうはお客さんに興奮してずっとやいのやいのとうるさかった。

とりあえずつかまり立ちをしたがるので、

テーブルの上の飲み物やお菓子を彼にとられないように、

そして彼が後ろに転ばないように

注意をずっとしていなくてはならない。

でもだいたい佐野君が面倒を見てくれていて助かった。

一度思い切り後ろに転んで頭をぶつけてしまい、れんたろう大泣き。

しかしみんなにあやしてもらい、

すぐに立ち直ってぎゃっぎゃと笑うれんたろう。

Tさんはまさかこんな所帯じみた会議を想像していなかっただろうなあ…

しゃれたカフェとか事務所を想像していたら申し訳ない。

 

アルフォートをつまみながら、アイデアをどんどん出していき、

何とか次号の企画が決まった。

その後はトマト鍋で、気づいたら23時ごろになっていてびっくり。

トマト鍋は最後にご飯を入れてリゾット風にした。

すごくおいしかった。

 

 

 

2017年5月のアーカイブ

これまでの連載