音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

乳児たち

おべんとう

近所の保育所はこの付近ではいちばん規模が大きいらしく、

毎日園庭が開放されている。

ここの園児でなくてもママ同伴であれば

毎日遊びに行っていいらしい。

児童館も兼ねているってことかな。

 

水曜は乳児棟のホールも開放しているらしいので、

外遊びになれていない私とれんたろうは、

まずは屋内で遊ぼうということになった(私のなかで)。

 

行ってみたら2組の親子がいて、

先生とも仲がよさげに喋って笑っている。

お子さんもれんたろうより大きくてすでに歩いていて、

滑り台で遊んだりボールで遊んだりと玄人の余裕が見える。

私は乳児棟のホールというのは

乳児たちが広いところでごろごろばぶばぶ言っているもんだと決めてかかっていたので、

ちょっと怖気づいた。

でも挨拶と笑顔さえあれば何とかなると思い、

「こんにちわー!」と元気よく挨拶した。

 

ママたちは新入りの私にも優しくしてくれたが、

やっぱりなかなか話しかけられなくて、

そしていったん話しかけたらいつそれを切り上げたらいいのかわからなくて、

知り合いのほとんどいない立食パーティ並みに疲れてしまった。

 

新入りでかつ最年少のれんたろうは

そんなの気にせずとても愉快そうに遊んでおり、

他の子たちの持っているボールやフラフープに

はいはいしながら顔から突っ込んでいって

ぶつかってもへらへらしていた。

 

れんたろうをまた好きになった瞬間だった。

 

 

■今日のお弁当

 

おべんとう

 

 

 

 

 

 

・とりももとキャベツの塩麴煮

・ピーマンおかかあえ

・たまごやき

・ほうれんそうごまあえ

・にんじんツナあえ

 

塩麴にはまっています。

具材を切って鍋に入れて

塩麴まぜて酒と水少々で煮るだけ。

それだけでとってもおいしい。

 

こしょうとレモン汁をかけてもいいね!

 

 

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載