音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

特訓

れ

園庭開放に毎日のように通うようになって、

顔見知りのママが数人できた。

クリスマスパーティをやるのでちょっと手伝いませんかとお誘いを受けたので

おもしろそうと思ってやることにした。

私がやるのはパネルシアターの黒子で、

「赤鼻のトナカイ」「ジングルベル」の曲に合わせてサンタやらトナカイやらの紙人形を貼ったり取ったり動かしたりする。

何だか保母さんになったみたいでおもしろい。

子供たちが喜んでくれるのも嬉しい。

やっぱり外に出て人と付き合うのはいいな。

 

今日はホールでみんなでリハーサルをした。

1歳クラスの子供たちが鈴を鳴らしてくれたのだけど、

みんな真剣な顔で見ているのがかわいかった。

 

ホールには滑り台があるのだけど、

私が練習しているあいだにれんたろうは階段をいつのまにか上れるようになっていた。

保母さんが見てくれている前で、

一歩一歩、ゆっくりと降りたりもしている。

はいはいで滑り台を逆走することもできる。

まだ滑ることはできないようだけど、すぐできるようになるだろう。

成長しているなー。もう1ヵ月後には1歳だものね。

 

 

れ

 

夫方のおばあちゃんが編んでくれたセーター。

よく似合っている。

 

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載