音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

しゃくれ

れ

今日は離乳食講習会だった。

今はれんたろうが下痢続きのためお休みしているが、

そろそろ本気でやらなきゃいけない。

保育所の同月齢の子たちはもう、

大人食にほぼ近くなってしまっている。

れんたろうはまだ米と野菜しか食べてないというのに。

 

面倒臭がりの自分を奮い立たせるため

こういうのにはなるべく参加することにしているのだけど、

どうしても「めんどい」という気持ちが消えない。

そしてやはり今日もそうだったので、

もう諦めようと、講習会の途中で思った。

もう諦めよう。これで4回目じゃないか。

無理すんな。誰かが私の肩をたたいた。(妄想)

 

おかゆを米から炊いたり

いろんな野菜を煮たりうらごししたりつぶしたり刻んだり

たんぱく質は白身魚から始めてお刺身をゆでてだしでのばして

豆腐や納豆も生ではなくきちんとゆでて殺菌して

卵は黄身から始めてだしでのばして、あ、でも最初はひとさじだけね、

残ったらフリージングして一週間以内に使い切って

なるべく食器も殺菌しましょう

なんて

無理だ。

できない。

寝転がって漫画読みながらおっぱいあげてるずぼら母乳女にはできない。

 

うちはもう、とりわけ方式でいく。

知り合いの家の子は離乳食嫌いだったのだけど

ある日突然おにぎりを自分で手にとり食べたそうだ。

それからは大人の食事と一緒で、何の問題もないという。

うちもそれでいこう。決まりだ。

 

れ

 

 

 

 

 

 

こたつの上にのぼりたがるれんたろう。

 

れ

 

 

 

 

 

 

しゃくれ顔がマイブーム。

 

 

夫が「本当にしゃくれたらどうしよう」と不安がって

「赤ちゃん しゃくれ」というフレーズで検索していた。

調べてみたら同じ悩みをもつママたちがいっぱいいたらしい。

何で赤ちゃん、しゃくれるんだろう。

 

 

 

2017年5月のアーカイブ

これまでの連載