音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

クリスマスの手料理

蜀咏悄 4

次の日が休みなので一足早くクリスマスパーティを家族でする。

家族でと言いながら、れんたろうがいるとテーブルの上のものがすべてなぎ払われてしまうので、お風呂に入れたあと必死に寝かしつけ、ふたりで開催。

料理はすべて夫が担当。

普段の地味な料理は私のほうが得意だが、

こういうイベントごとの派手な料理は夫のほうが得意。

 

とりの骨付きもも肉は、錦市場のとり清のもので朝びきのを予約。

年に一度のぜいたくなので、「上」を注文、一本千円なり。

これに塩コショウしてグリルで焼くだけなんだけど、もう、すんごーーーくおいしい。

今年食べたもののなかで間違いなくトップ3に入るうまさだ。

うちは結婚してからクリスマスは絶対ここと決めている。

 

 

 

 

 

 

 

あとワルダーのビールパンを軽く焼いて、

トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ、

水菜とベーコンのサラダ、

明治屋で買ってきたウインナーにチーズにワイン。

 

それらをお笑い観ながら食べた。もうクリスマス関係なしって雰囲気だったけど、すっごくおいしかったしおもしろかったのでよしとする。

外食したいけどもうなかなかできないので、

だんだん家ごはんのクオリティが上がってきている気がする。

安くあがるし腕はあがるしいいことだ。

 

ときおりれんたろうがぐずりながら起きるので

そのつどあやしにいく。

 

早く一緒に食べられるようになりたいね。

れんたろうはまだ食べることに慣れない。

 

 

れ

 

夫方の父母からプレゼントが届いた。

手編みのセーターとロディの積み木セット。

いつもありがとうございます。

 

ちなみにれんたろう、パパママからのプレゼントはない。

まだ0歳だしいいでしょ、と思っている。

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載