音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

甘いもの

蜀咏悄 2

近所の教会で月1で行なわれる子育てサロンへ。教会の中に子どもたちの遊べる広間がある。おもちゃもいっぱい。男女の双子ちゃんがいて、女の子のほうが「らん」という名前だった。私と一緒なので親近感を覚えてつい話しかける。男の子のほうは「りん」。うちの子は「れんたろう」。らんりんれんが集合。でも特に何も起こらず、子どもたちはマイペースにちりぢりに。おやつにおしるこを食べる。最近れんたろうにはあまり気にせずいろいろなものを食べさせることにしている。砂糖や塩を極力遠ざけていたんだけど、食べさせすぎなければいいだろう。おしるこを初めて食べたんだけどおいしかったらしくてまぐまぐ食べていた。白玉も、細かくしてあげてみる。まぐまぐ。

 

昼すぎにコナンが遊びに来てくれた。れんたろうと同じくコナンも1月生まれなので、ケーキを買ってささやかにお祝い。

 

コナンが選んだのは、「真ん中の白いのがれんちゃんに似てる」ということで、スライムみたいなんがいっぱいついたケーキ(こう書くと何か気持ち悪いな…)。

ろうそくを立てて、ふたりぶんの誕生日の歌をうたってお祝い。

 

 

 

 

 

 

 

私は紅茶のプリン。ちょっとれんたろうにあげたらやっぱりまぐまぐ食べる。おいしかったらしく、からだごとぶつかって食べさせろと促してくる。プリン、好きみたいだ。

 

あと今日は音読の郁ちゃんの誕生日でもある。みんなおめでとう!

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載