音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

がんばれ乳離れ

蜀咏悄 2

おっぱいをくれと泣くれんたろう、折れそうになるが、ぐっとこらえておっぱいを死守する。ここであげて、「泣いたらくれるんだな」と思われても困るし、「くれたりくれなかったり、どっちなんだこのアマ」と思われても嫌だし、心を鬼にして貝のようになる。

夫が作り置きしてくれたカレーを食べさせると、これまでにない食欲を見せて、お茶碗半分くらい食べた。よく食べたねと褒めると、にこにこして「ごちそうさま」のポーズをする。

れんたろうはまるまるしているので、よく「いっぱい食べるんでしょう」と言われるが、実は小食。好き嫌いが激しく、と言うか食べられるものが極端に少なく、最近では納豆と豆腐とパンしか食べない。アレルギーはないのだけど、肉や玉子や野菜など、あげたらもぐもぐするものの、舌を使ってぺっと出す。米すら嫌がることがある。

なので、いろんな野菜のすりおろし入りカレーを食べてくれて安心した。困ったらカレーだな。

 

 

 

 

 

 

 

1年前、出産祝いに親戚からもらった四輪車。そろそろ遊べるだろうと、夫が組み立てた。

すっごく気に入ったようで、ずっと四輪車のそばにいる。乗ることはまだできないけど、押したり引いたりしてとても楽しそう。

おっぱいに替わるものを増やしていって、乳離れしてくんだ。そうやって君は大人になってくんだ、と思った。

 

今日は昼間一度もおっぱいあげず。でも夜寝る前はものすごく欲しがるのであげる。夜中に3回授乳。計4回。深夜の授乳が減らないな~。しんどい。

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載