音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

執着の裏返し

蜀咏悄 4

近所の教会で行なわれる、月1の子育てサロンへ行ってきた。いつもおやつが出るんだけど、今日は私の愛するケーキ屋さんマルティーヌのシュークリームだった。狂喜!お子さんとお母さんそれぞれ1個ずつですって。乱舞!れんたろうにはまだシュークリームは早いと独断したわたしは、いそいそとひとつは今食べる用、もうひとつは持って帰って気が向けば夫にあげる、向かなければ自分で再度食べる(8割がた後者)用、として持って帰る準備をし、れんたろうにはアンパンマン米せんべいを与えていたのだが、教会の方々が何かひそひそと困り果てている。聞けば「シュークリームが足りない」と言うではないか。聞かなかったふりをしようと思ったが、まわりのお母さんがたに「れんちゃんのお母さんは、シュークリームを息子さんに分け与えないばかりか、シュークリームもらえない母子がいると聞いても顔色ひとつ変えないで持ち帰ろうとしている。女もああなったらおしまい」と言われるのではないかと次第にビビりはじめ、「あの!私んとこ、息子食べないんで、一個でいいんで!」とひとつ返した。「あら~いいのよ!何とかするから」と言われても、「いえ!一個でいいんです!」と後に引けない状態になり、心の底からマルティーヌのシュークリームを愛しているのに、何かシュークリームそんな好きじゃない人みたいになって悲しかった。

マルティーヌのシュークリームは本当においしかったです。

 

れんたろうはアンパンマンせんべいを自分で口に運んで食んでいました。

 

 

 

関係ないけど、階段を降りるれんたろう。

おりるというより、超スローモーションですべっている印象。

2017年4月のアーカイブ

これまでの連載