音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

いいとも!に出たとも!

蜀咏悄 3

何か最近、体調がいい。

疑わしくなるほどにいい。

 

「夏って素敵、美しい季節ね」

と、ぶつぶつつぶやきながら自転車でれんたろうを送り迎え。

夏って素敵なんて何年ぶりに思っただろうか。

ここ数年全部の季節が嫌いだったので、この変化は革命的だ。

時間にゆとりがあるってこういうことなんだな。

 

で、調子に乗ってるとすぐ落ちる。

振り子のような体調、この繰り返しを経てよくなっていくんだそうだ。

 

さて、このあいだの日曜、「笑っていいとも!増刊号」に何と音読が出た。

フリーペーパー芸人・パーティ内山さんのネタで登場したのだ。

 

 

 

 

 

 

 

タモさんが音読を読んでる…

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった、うけてる…

 

 

自分の子供のネタを見るようにはらはらしながら観ておりました。

決してギャグじゃないんだけどね、この号。むしろ泣けるんだけどね。

 

いやー嬉しかったなあ。

パーティ内山さん、ありがとうございました。

 

ちなみに番組終了後、すぐに何通かバックナンバーお申し込みメールをいただきました。

テレビってすごいね。感謝感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

れんたろうは、言葉をちょっとずつ話すようになってきました。

第一声は「あっち」。指をさしながら言うのですが、さしたものをとってやっても「おう~」と言って首を振ります。どれ?これ?と、全然違う方向のものをとると「これこれ」みたいな顔で満足するんだけど、この子はノーコンなのかな、と思います。

ちなみに、「あっち」はなぜか「マッチ?」と同じ発音です。疑問型です。

 

で、次が「わんわん」。

犬もからすも猫もうさぎも、今はみんな「わんわん」です。

 

そして次に覚えたのが「でんしゃ」。

ママもパパもまんまもぱいぱいもすっ飛ばして「でんしゃ」。

どんだけ優先度高いねん、電車。

 

「ばいばい」、「ぶーぶー」、「かわいー」、「かこいー」など

順調に言葉が増えていき、

いちばん直近で覚えたのが

「なーな」(バナナ)。

 

「ば」をつけたら完璧な発音だね。

 

 

 

 

2017年7月のアーカイブ

これまでの連載