音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

ひとりの時間

蜀咏悄 2

 5月25日(日)に、音読が初めてのイベントを開催します。

その名もまんま「音読フェス」。

音読はご存知の通り音楽フリーペーパーですが、

今回はまったく音楽と関係のないイベントです。
豪華ゲストを迎えた完全入れ替え3部制。
通し券もご用意しておりますので、ぜひ遊びに来てください!

 

●●音読フェス●●

【日時】2014年5月25日(日)
13:00 OPEN
13:30 START
【タイムスケジュール】
13:30~16:00
●第1部 編集会議ワークショップ
 前半「タケウチ流 企画&編集術」
 後半「みんなで編集会議~もしもエルマガが復刊したら~」
講師…竹内厚(編集者、元エルマガジン副編集長)

16:30~17:00
●第2部 吉村智樹のこの街がスゴい!京都編
出演…吉村智樹(放送作家、ライター)

17:30~18:30
●第3部 どっちの映画ショー~いしいしんじVS音読編集部~
出演…いしいしんじ(作家)、土門蘭(音読副編集長)、岩橋真平(スーパーノアBa.)

 

【場所】公○食堂
住所:〒604-8416 京都市中京区西ノ京星池町8 グローリービルディング3階
    JR二条駅より徒歩8分、地下鉄二条駅より徒歩2分
TEL:075-406-7997
URL:http://ko-en.info/

【料金】いずれもプラス1drink
・第1部 2,000円(定員35名)
・第2部 500円
・第3部 1,000円
第1部~3部通し券 3,000円

●チケット予約はこちらからどうぞ。
http://otoyomi-fes.peatix.com/view

●お問い合わせはこちらからどうぞ。
info@otoyomi.com

●URL
http://www.otoyomi.com/

 

 

イベントやるのが久しぶりすぎて、今から緊張。

お客さんが来なかったらどうしよう、

うまく話したり、進行できなかったらどうしよう。

と、心配してます。

でも、こんなにすごいゲストが三名も来てくださるので、

当日はおもしろくなること間違いなし!です。

ぜひ来てくださいね。

ちなみにれんたろうも客として来るみたいです。

母ちゃんはがんばります。

がんばって、いしいしんじさんと戦います(恐縮)。

 

さて、そんなこんなで音読フェスのフライヤーを今配っています。

↓両A面のフライヤーです。

 

蜀咏悄 2蜀咏悄 3

 

このフライヤーは、音読フェスの1週間後、5月31日と6月1日にゼスト御池である、

「京都レコード祭り」さんとコラボレーションした冊子で、

何と音読フェス側にはいしいしんじさんのコラム、

レコまつ側にはレコードショップMAPが掲載されております。

読んでうれしい、来てたのしい。そんな2イベント。

京都の街中でぜひ手にいれてくださいね。大阪でも配ります!

 

フライヤーの配布の他にも、ワークショップに行ったり、飲みに行ったりと、

最近家を空けがちです。

れんたろうは夫に見てもらっています。

夫は大変そう。

散歩に出かけたらバスに乗りたがって大泣きされたとか、

眠たがって駅で大泣きされたとか、

大泣きされてばかりいるみたいです。

そのたびに私にメールが届くので、私も心配になって電話をかけたり、

メールを返したりと、せっかく外出しているのにそわそわ。

でも、だんだん慣れてきたのかメールの間隔も長くなって、最後らへんには

れんたろうがきゃいきゃい遊んでいる動画が送られてきたりしました。

 

久しぶりにいろいろな人と話したり飲んだりしたので、

とても刺激を受け楽しい時間を過ごしました。

そうそう外にはこんなにおもしろいことがあったのよね!と、

思い出した感じ。

子供といるとずっと子供を見ていなくてはいけないので、

時間が全部自分のために使えるというのは、

非常にらくちんで贅沢なことでした。

そして少しの罪悪感。

その罪悪感が、夫やれんたろうに対する優しさを産みます。

いやいや期にまた突入したれんたろうとずっといると、

頭にきて「きー!」となるのですが、

こうして少し離れると、

余裕をもって接することができるようになります。

夫に対しても同じことで、

夫婦喧嘩も少なくなったように思います。

 

夫はというと、最初は大変だったみたいだけど、

日を追うにつれ子育てに少しずつ自信がついてきたと言ってました。

 

私は楽しいし、

夫は自信がつくし、

れんたろうは普段あまり遊べないパパと遊べて楽しいし、

いいことづくめじゃん!

 

というわけで、また遊びにいこーっと思ってます。

なんかもうね、いい子ぶるのはやめますわ。

不良母・いいかげん母でもいいじゃないか。

不機嫌母・欲求不満母よりはだいぶましです。

だってまわりに優しくなれないもん。

やっぱりひとりの時間は絶対にいりますよ。

 

これを読んでる世のお母さんたちも、

少しでもいいから楽しいひとりの時間を過ごせますように。

 

では、素敵なGWを!

 

蜀咏悄 1

 

ブラインドタッチもばっちりなれんたろう。

最近「TPP」という言葉を覚えました。

2017年7月のアーカイブ

これまでの連載