音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

音読フェス無事終わりました

蜀咏悄 1

音読フェスが無事終了しました。

来てくださった皆様、出演者の方々、公○食堂さん、そして音読スタッフに心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

 

イベントをやる前は胃痛がしていて、緊張のせいでずっと心臓がどきどきいってました。

主催者だというだけでもどきどきするのに、昔からファンだったいしいしんじさんと映画について話すという大役まで任され(ていうかまあ、自分がやるて言うたんですけど、まさかそれが実現するとは思ってもみなかったので)、前夜はナーバスになってなかなか眠れませんでした。

「こんなプレッシャーたえられん。もう二度とイベントはやらん」

と思っていたのですが、いざイベントが始まると、人が来てくれるたびに嬉しくて、そしてみんなが笑ってくれているとまた嬉しくて、終わったあとには

「うん、またやろう」

という気分になりました。おい!

でもそれはたぶん、イベントが成功したということだったんだと思います。

失敗したら、まさに「二度とやらん」と思ったでしょうから。

 

蜀咏悄 2

 

↑準備中の写真。編集長のいくちゃんは、初めての司会ということで緊張のあまり、終始「あかん、失敗する。失敗するわ」と縁起でもないことをぶつぶつ言っていました。言霊を信じている私は「いや、成功する」「成功しますよ~」とそのたびに修正していました。

 

 

蜀咏悄 3

 

↑人工芝を敷いてキッズスペースを作ってみたり。

10ヶ月のかわいいお客さんが来てくれて、れんたろうのおもちゃをおいしそうになめていました。抱っこさせてもらったけどかわいかった~女の子はいいにおいがしますね。

 

 

蜀咏悄 4

 

↑第2部の吉村智樹さん「この街がスゴい!京都編」の様子。

地域によって看板に特性があってすごくおもしろかったな~大いに笑いました。

 

ちなみに第1部のワークショップは私も生徒として必死に会議していたので、写真なし。エルマガが復刊したらというテーマでみんなで会議をしたんですけど、すっごく勉強になった!講師を務めてくださった竹内さん(Re:s編集者、元エルマガ副編集長)には、うちの班の企画を見てもらったときに「だめ企画」とか「ほんとに副編集長?」とか言われましたが(意外にスパルタでした)、すごく楽しかったです。

ちなみにだめ企画とののしられたうちの班の企画のタイトル⇒「関西・マネーの虎の穴」。

げすい金の特集です。もう私、金にしか興味がないので。

表紙は穴から出ているタイガースです。まさに京阪神カルチャー誌っぽいですね。

もうひとつの班は「水」特集でした。うまくまとまっていておもしろそうでした。

反省した。

 

いや、しかし飲みすぎました。

自分の出演(第3部。とりです)の前に潤滑油的ビールを2杯ほど飲み、本番中もやたら喉が渇くので2杯ほど飲み、その後の打ち上げでは安堵の気持ちでいっぱいで何杯飲んだのかよく覚えていません。

第3部でのいしいしんじさんと岩橋くんとの映画話は、緊張したけどおもしろかったです。

「思わずバンドが組みたくなる映画」というテーマで、私は「ランナウェイズ」を、岩橋くんは「アンヴィル」を、いしいさんは「バスターキートン」を紹介しました。

女と男の初期衝動の表れ方のちがいとか、身体表現としてのバンド論とか、そのような話をしたようなしてないような、そんな感じです。

すみません、緊張であまり覚えていません。

でも、笑い声が起こっていたのは覚えています。

それでめちゃめちゃほっとしたのも覚えています。

おも、おもしろかった?と来てくれた人に聞いたら、

おもしろかったよーとか、映画みたなったよー、とか言ってもらえたので、

またビール飲みました。

いしいさんとがんちゃんがいてよかったです。

 

蜀咏悄 5

 

 

 

 

 

 

 

いしいさんにワインをごちそうになりました。

嬉しくて、そしてまた飲みすぎました。飲んでばっかりやないか。

 

打ち上げでは公○食堂さんにおいしい料理をいろいろ出してもらって(しかも量が多い!最高)、最初から最後まですごくいい雰囲気でした。

いやーもうほんと、皆さんありがとうございました。

 

 

帰ったられんたろうは寝ていて、みていてくれた夫に「ありがとう」と言いました。

夫は最近の私について「すごくいきいきしている」と言います。

「元気になってよかった」と。

まさにちょうど1年前、私は軽く鬱にかかっていたのでごはんもあまり食べられず、夜もうまく眠れず、昼間は家にこもって泣くかぼーっとしているか、という状態でした。あのときと比べたらまったくの別人です。

「最近、たのしいから元気」と私は答えます。

 

いしいさんもおっしゃっていたけど、やりたいと思うことを素直にやっていったらいいんでしょうね。ピカソとかバルテュスとか、いつまでたっても子供みたいやろ?って、いしいさん言ってたな。だから、90とかまで生きられんねんって。

 

私はちゃんとしたお母さんになろうとしていたけど、最近はまったくそんなこと思いません。

ちゃんとしたお母さんより、いつも楽しそうなお母さんのほうがいいやって思って、わがままに生きています。夫も、そのほうが楽そう。家できちきちされるよりは。でも、たまに好き放題しすぎて怒られますが。

 

実はちゃんとしたお母さんであるほうが、楽だったりもします。誰にも責められないから。でも、そうすると誰かを責めてしまう。私はそのほうが辛かったです。

 

 

 

蜀咏悄 1

 

↑このあいだ、結婚記念日に花をもらいました。れんたろうは花が好きなので、「あっかわいいねー」と喜んでいました。

 

れんたろうは、最近よく喋ります。

きのうは「ちっちゃいきのこだで」「ちっちゃい、きのこだで」とつぶやきながら寝ていました。ちっちゃいきのこって何だろう?

今週末は、れんたろうといっぱい遊ぼうと思います。

 

というわけで今週末はこれ!

http://suitosha.co.jp/news/455

おけいこマルシェというイベントに、弊社も出展します。テーマは「手紙」ということで、ポストカードやメッセージカードを作りました。

私もれんたろう連れて遊びに行こうと思います。

 

あと、ゼスト御池ではレコード祭りも土日2日間開催されます。そっちも行かなくちゃ!

http://kyotorecordmatsuri.blogspot.jp/

 

週末楽しいイベントがたくさんです。みなさんもぜひ!どこかでお会いできたらいいですね。

2017年10月のアーカイブ

これまでの連載