音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

3ヶ月たちました

春

れんたろうが生まれてから、今日で3ヶ月です。

3ヶ月しか経ってないんやなーと思っています。

もう1年くらい一緒にいる気がするな。

でかいし。

 

3ヶ月前、わたしは陣痛を感じながら烏丸の前田珈琲でカプチーノパフェを食べてました。

これからがんばらなあかんと気合を入れるために。大好物なので。

妊娠中、よく食べてたなあ。あのパフェ。

れんたろうは覚えているのだろうか。

 

カプチーノパフェ

 

 

 

 

 

 

そんなわけでそろそろ100日。

お食い初めの時期です。

 

一生食べることに困らないように、という願いをこめてやるこの儀式。

鯛の尾頭に、赤飯に、お吸い物、煮物、お漬物と揃えるのが一般的らしい。

広島の実家から両親が鯛の尾頭を持ってお祝いにやって来るそうです。

広島は魚がうまいけんのう。

 

このあいだ母に電話したら、

「父さんがれんくんのために車を作りよる」

と言ってました。

私「車?」

母「うん。ねえ、車よね、お父さん」

父「おう、車作りよるど」

私「車って、何?」

母「知らん。ほうよ、あんた、みかちゃんがね(と、別の話題へ)」

 

車ってなんだろう…

 

 

 

あたたかいのでれんたろうも春仕様でお出かけ。

 

春

 

通ったことのない道を通ったら、桜が咲いてる団地の庭に出ました。

 

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載