音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

爪、すっぴん

蜀咏悄 1

昼ごはんを早く終わらせて、以前施術してもらったネイル屋さんへ。

マンションの一室でやってらっしゃるので、れんたろうも一緒に行けてありがたい。

今回はオフのみ。

引っ越しが来月末に決まって荷物の整理などしなくてはいけないので。

落ち着いたらまたしたいなあと思いながら行く。

 

れんたろうをゆらゆらゆれるバウンザーというものに乗せて指先にアルミホイルを巻かれていたのだが、れんたろう大いにぐずる。

アルミホイルで魔女の指みたいになった手であやしてみたが泣き止まないので、結局抱っこしながら施術。

 

久々に見た自分の爪は、甘皮処理をしていただいたので前よりも女っぽくなっていた。

爪の保護のためにとトップコートを塗ってもらう。

このお店は、ここで施術したネイルのオフは無料らしい。

他のお店ではオフのみでも1000円以上かかるのに、何てありがたい。

申し訳なく思いながら帰る。次回ネイルするときは必ずここに来よう。

 

れんたろうにおかゆをやってみたがやはりあまり食べない。

いつものことだがほとんど私が食べるはめに。

離乳食も慣れたらなかなかおいしいと思う。

れんたろうも早くそのおいしさに気づいてくれたらいいのに。

 

そのあと授乳していたらなぜかれんたろうに乳首を強く噛まれ、

ぎゃあっと大声をあげてしまった。見たら出血していた。

気にせず授乳を続けたられんたろうがおかゆを吐いた。

その中に私の血が混じっていて、もしや喀血かと一瞬驚いたが、

元気に匍匐前進しているのでやっぱり私の血だ。

 

夜、初めて卯の花をたいたら上手にできて嬉しかった。

れんたろうは最近7時半には寝てしまう。

 

2017年6月のアーカイブ

これまでの連載