音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

三条商店街

れ

季節の変わり目だからなのかからだが重たい。

今日は抱っこ紐をやめてベビーカーで外出することにした。

ドレッシングとかコーヒーとか食パンとか、いろいろ切れかけのものがある。

翌日会う友人のためにさらさの焼き菓子を買おうと、

そして音読の新刊も配布しようと思ったので三条商店街へ行った。

 

もうすぐ引っ越すのでなかなか三条商店街にも来れなくなる。

私はさらさのお菓子も好きだし、

てらまちのコーヒーも好きだし、

あとpanscapeのパンも好き。

今日は好きな店全部にまわってお菓子と食パンは購入できたけど、

てらまちはお休みだった。「店長充電のため」と書いてあった。

店長さんとはあまり話したことがないので、どこでどうやって充電しているのかはわからない。

今のうちに行けるだけ行っておこう。

三条商店街は高級なチョコレート屋さんやおしゃれな古着屋さんから、

昔ながらの漬物屋さん、おすし屋さん、ひなびた本屋さんなど、

年代の幅が広くておもしろい。

 

帰りがけにJEUJIAにも音読をと向かったのだが、

階段で上がらなければならず往生した。

ベビーカーで上がることはできないので、不法駐輪を見張っているらしきおじさんに

「ちょっとだけ見ていてください」

とれんたろうを頼んでダッシュで階段をのぼって設置させてもらった。

帰ってくるとおじさんはれんたろうのむちむちの脚を若干こわごわと触っていて

「笑ってくれはりました」と言って笑ってくれた。なごんだ。

 

夜また離乳食をあげてみた。

全然食べない。

やる気はそがれる一方。

こういうとき、世界には飢えている乳幼児がたくさんいるのに、

離乳食を食べてくれないと悩むママの多い日本は本当に豊かだと思う。

食べてくれないって何だ。

食べなくてけっこうだ。

だんだん腹が立ってきて私が全部食べる。

 

れ

 

 

 

 

 

 

 

■ひさしぶりに今日のお弁当

 

弁当

 

・ねぎたまごやき

・焼きはんぺん

・卯の花

・小松菜ごまあえ

・とんかつ

・たけのこ土佐煮

 

卯の花がうまくいって嬉しい。

新しい料理はとりあえず三回作ってみましょうという

暮らしの手帖に書いてあった言葉どおりにしてみようと思う。

 

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載