音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

お姉ちゃん

ふたり

学生時代にライブハウスで知り合った友人が

娘さんを連れて遊びにきてくれた。

三条商店街の近くにある、かねてより気になっていたキッズカフェ「ぐらんぶるー」というところに行ってみる。

500円で1時間フリードリンク制。

延長30分ごとに250円だが、フードを頼むと30分は無料らしい。

4歳以下の子供は無料で、なかなか広いプレイスペースもあるとのこと。

 

中は広々としていて明るかった。

何より土曜なのに空いているのがいい。

やっぱり少し街中から離れているといいなー。

ごはんもおいしかったし、飲み物も充実していて、これはめっけもんだと思った。

もう引っ越すけど。

あとなぜかウーパールーパーがいた。

私は本物を初めて見た。

 

 

ランチ、大人のふたりは美山の玉子を使ったというオムライスを注文。

 

ゆな

 

 

 

 

 

 

友人の娘さん、ゆなちゃんはお子様メニューのカレーライス。

非常にかわゆい。二歳です。

 

ゆなちゃんが食べるところを見ればれんたろうも食べるだろうと思いついた私は、

キューピー離乳食なるものを注文。

いろいろ選べたので「野菜おじや」にして、

あたためて出してもらったのだが…

 

れ

 

 

 

 

 

 

「え?おじや?無理」

 

みたいな感じですげなく断られた。

結局私が食べた。

もうすっかり離乳食に慣れてしまったよ。私がな。

 

 

プレイスペースも広くて、おもちゃがたくさんあり、

本物のピアノが二台もあった。

ゆなちゃんは嬉しそうにがんがん鍵盤を叩いていた。

れんたろうは黙々と匍匐前進をして、黙々と積み木をなめていた。地味だ。

 

その後三条商店街で昨日買いそびれたてらまちのコーヒー豆を購入。

友人も旦那さんにおみやげということでおためしパックを買っていた。

 

それからごまクレープを一緒に食べた。

初めて食べたのだけどすごくおいしかった。

ごまクリームにりんごにハチミツなどなど、

ごまの練りこまれたクレープ生地で包んでもらう。

金ごまアイスもトッピングしたのだけどめちゃくちゃおいしかった。

絶対また行こう。

 

 

ふたり

 

 

 

 

 

 

駅に向かう途中、

ゆなちゃんがベビーカーを押したがったので一緒に押して帰った。

時折前に回りこんで、ゆなちゃんはれんたろうを抱っこしようとする。

お姉ちゃんなんだ、と思う。

でもでかいれんたろうはすでにゆなちゃんと同じ体重のため、

それは難しいと残念ながら辞退。

もう少し時がたったら、ぜひお願いします!

 

 

帰ってから出産のお祝いとしていただいた絵本「はらぺこあおむし」を読み聞かせたら

いまだかつてない好反応が返ってきた。

カラフルな絵や、ところどころに仕掛けられた穴ぼこが気に入ったみたい。

夜、その絵本を抱えたまま寝てしまった。

 

 

2017年7月のアーカイブ

これまでの連載