音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

赤ちゃんママがえり

れ

友達が無事女の子を産んで、

その子の写真がfacebookに載っていたので嬉々としてコメントする。

「むくみがとれてきました」と書いてあったのだけど、

れんたろうもそう言えば生まれてすぐはむくんでいた。

羊水のなかにいたのだから当然か。

あと顔が小さいからか、酸素を吸うためか、鼻の穴が大きかった。

はじめ見たときは「かわいい」っていうか「ガッツ石松に似てる」って感じで、

ちょっと不安だった。

まみちゃんも同じことを言っていたのでみんなそうなんだなと思う。

それにしてもかわいい。赤ちゃんは無条件にかわいい。

高校のバスケ部の後輩もビックベビーを出産したし、

バスケ部の先輩は妊娠したそうだ。本当にめでたい。

赤ちゃんよ、どしどし生まれてこい。

 

れんたろうは最近赤ちゃんというより子供らしくなってきた。

つかまり立ちに成功したら大笑いしたり、

おもちゃをとりあげると泣いたり、

女の子を目で追ってにやついたりと、

すっかり感情豊かだ。

成長は喜ばしいが、少し寂しい。

だからわざと

「れんたろうはまだまだ赤ちゃんだね~

 おっぱい飲んでねんねして、まだまだほんの赤ちゃんだね~」

と言っている。

赤ちゃんがえりならぬ、赤ちゃんのママがえりである。

 

 

↓静かなときはたいていいたずらをしているれんたろう。

 

れ

 

今日は「きのう何食べた?」の6巻を見ながらぎょうざを作った。

具材は豚ひき肉とキャベツだけだけど、十分おいしかった。

 

ぎょうざ

 

昼間は友人にも久しぶりに会えたし、いい日だった。

 

 

 

2017年8月のアーカイブ

これまでの連載