音読

たぶん週刊ランラン子育て帖

どもんらんってどんな人?

2012年の1月、音読編集部のもとに赤ん坊が生まれました。名前はれんたろう。「にゃあ」というなき声がチャームポイントの男の子。新米ママ土門、今日も子育てがんばります。

本や

れ

引っ越し準備をちょこちょこすすめている。

本とCDを2箱に詰めて、某買取業者に送った。

途中で南Q太と黒田硫黄の再読にはまってしまって手が止まる。

南Q太の「トラや」はいい。黒田硫黄の「茄子」もやっぱり好きだ。

いやーおもしろい、とひとりでぶつぶつ言いながら棚に戻す。

 

本を読むときに端を折ったり線を引いたりすることが多いので、

売るものより捨てるもののほうが多く出た。

今回は腹をくくって本棚に入りきるくらいの量にすると決めていたのだけど、

それでも目標よりも多く残ってしまった。

捨てられない本というのは繰り返し読む本といまだ手に負えていない本のことで、それ以外は全部手放した。

かなりすっきりした。

 

れんたろうがお腹にいるときはありとあらゆる妊娠本を読んだ。

下京図書館にある妊娠本はほぼ読んだんじゃなかろうか。

生まれてからはめっきりそのペースが落ちた。

読む暇がなくなったというのもあるし、

百の知識よりも一の経験のほうが確実に身につくことがわかったからだ。

妊娠はもう生命の神秘っていうか、

自分の体がどんどん変化していくのが恐ろしく、

とにかく今体内で何が起こっているのか知りたかった。

でもいったん出てきてしまえば、育児ってわりとシンプルだと思う。

ほとんど自分の頭で考えればわかることばかりだと思う。

 

夕方、音読の新しいスタッフ竹岡さんが来て、

配布分の音読を持って帰ってくれた。

なかなか配布できていないのですごく助かる。

ずっとボランティアスタッフを募集していたのだけど、

全然これまで応募がなくてなんかもうそういうもんだと思っていた矢先だったので

音読にもついに新しい人が入ったか…としみじみしている。

竹岡さんはうら若き女子大生で、はっきり言って美人だ。

竹岡さんが正座して麦茶飲んでる横で、

れんたろうはちゃぶ台につかまってあれこれとばぶばぶ話しかけては

そっと手を伸ばして触ろうとしていた。

「ちょっとこっちおいでや」と言ってるおっさんみたいで、

母として恥ずかしかった。

竹岡さん、これからよろしくお願いします。

 

れ

 

なぜ赤ちゃんは万歳しながら眠るんだろう。

 

■今日のお弁当

 

弁当

 

・コロッケ

・れんこんきんぴら

・しいたけオリーブオイル炒め

・たまごやき

・ベーコンとピーマン炒め

 

オリーブオイルと塩で炒めるだけでそうとうおいしいと思う。ほぼ何でも。

 

 

2017年10月のアーカイブ

これまでの連載